野良猫退治によって自分の住居と車を守ろう

せまい隙間からでも入ってきて周囲を汚していく野良猫は、困った存在です。

相手が動物だけに言葉が通じないので、あまりに被害が出るのならば野良猫退治も検討しなければいけません。

具体的な方法は、猫の習性を利用する比較的穏便な遠ざけから洗剤などの化学薬品を用いた方法まで様々です。

飼い主がいない野良猫が自分の住居や敷地内に入ってきた場合は、野良猫退治によって守ることは当然の権利となります。
物理的に入ってこられなくする方法が最も穏便であり、猫が入ってくる隙間をなくしたフェンスで囲う等の対策が有効です。



猫が嫌がる仕掛けをしておき、入ってきた野良猫にここに来ると痛い目に遭うと学習させるのも一定の効果があります。
ただし、市販されている野良猫退治のグッズでは刺激臭といった要素で撃退するため、同じ方法を続けると野良猫が慣れてしまって効果が低くなるので要注意です。



餌によって捕獲して、保健所に引き渡すのも野良猫退治における有効な手段です。猫は一度自分の匂いがついた場所を縄張りとする生き物だから、繰り返し訪れてくる野良猫については保健所に任せる方もいます。



飼い猫と野良猫の区別が難しいことから、保健所が野良猫の捕獲をするケースは稀です。

野良猫は捕獲した時点で自分の飼い猫になるので、そのまま保健所に持っていく形で処分してもらいましょう。
勝手に侵入して被害を与えてくる時点で野良猫退治の大義名分はできますが、猫を異常に愛する方もいるので周囲に知られないように済ませるのがコツです。